四半世紀を迎えたブリタニア

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、ウルティマオンラインのプレイヤー作家が書いた本(PC本)やNPC本の収集・公開を行っている図書館カフェです。Library Cafe本館)、Annex(分館)、Neo(新館)の3つの図書館に分けて収蔵されたたくさんの本たちをどなたでも読むことができます。

 

現在の収蔵している4114冊の本たちの詳細は収蔵図書リスト20221012をご覧ください。またSA本の収蔵状況についてはこちらをご覧ください。

 

Library Cafe本館にはルナゲート近くのFreeSpaceAsukaさんからハウス間テレポーターでお越しいただくのが便利です。また本館・別館・新館の各館はテレポーターで相互に結ばれており、簡単に行き来することができます。詳しくはLibrary Cafeへの行き方をご覧ください。

 

Twitterでも本のご寄贈など日々のLibrary Cafeの様子をご紹介しています。あわせてご覧くださいませ。

 


Ultima Online25周年記念イベント in Origin

9月25日(現地時間では24日)、OriginシャードでUO25周年記念イベントが開催されました(詳しくはウルティマオンライン桜EMサイトさんをご覧ください)。私は参加できなかったのですが、翌日も「まだアイテムがもらえますよー」と何人もの方々がツイートしていらしたので、行ってみることにしました。

 

 

一番のお目当ては25周年記念の伝承の書です。EMさんたちが書いた伝承のページが、会場のあちこちに配置された石像に隠されています。13ページ目がなかなか見つからなかったり、うっかり入ってしまった迷路から出られなくなって途方にくれたりしましたが、無事コンプリートできました。

 

 

ところで。会場には前日のイベントの跡があちこちに残されていて、本もいくつか設置されていました。ふと思いついて書写してみると・・・、なんと書写できるではありませんか! さっそく街で空白の本を購入してきて書写して回り、3冊の本をゲットすることができました。

 

 

Originシャードで集めた本たちは、POCHI様が飛鳥まで転送してくださいました。さらにPOCHI様は、前日に片づけられてしまって私が書写できなかった本2冊も併せて寄贈してくださいました。ありがとうございます。これらの本は新館3階第114番書架「公式イベントの本②」に収蔵しました。

 

 

ついに四半世紀を迎えた私たちの世界、ブリタニア。一番古い異世界のひとつであるだけでなく、誰でも本が書けて読めるという、ユルゲンシュミット(@本好きの下克上の世界)もびっくりの稀有な世界です。そんな世界にある図書館のひとつLibrary Cafe、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 


出雲からたくさんの本が到着

時を同じくしてMillion様が19冊の本たちを寄贈してくださいました。いつもありがとうございます。Millon様も様々なシャードを旅する破片世界転送者。今回は出雲シャードで収集されたとのことですが、瑞穂や桜、無限のイベントに関する本もありました。本たちもシャードを超えて旅をしているんですね。

 

 

 


今回は5冊の本をご紹介いたします。

 

POCHI作「Moonglow Grave」【別館33:作者名P】

POCHIさん待望の新作です。旅の吟遊詩人が物語る、エルフのテイマーと彼に恋する娘の悲しいお話。ハロウィンに沸く今のブリタニアにぴったりの本です。こちらの本は飛鳥Tエンパス・アビー北のmomongaa4さんで販売中です(MEGA STOREさんUO Locatorで表示されます)。販売中ですのでLibrary Cafeには後日収蔵させていただきます。

 

 

Felant作「Labyrinth of Honesty」【本館1階10:作者名F①】

地下墳墓「ANKH」を探索する主人公の冒険記録、という体裁ですが、1ページ目から奇想天外なラビリンスに引きずり込まれます。bone knightとbone mageの結婚式に乱入したり、かと思うと世界の構造に思考をめぐらせたり。息をつく間もないスラップスティック・コメディです。こちらはMarius様がご寄贈くださいました。ありがとうございます。

 

 

Kahn-Bee作「Britannia Walking 3」【本館2階22:作者名K①】

ブリタニアのお散歩ガイドの第3弾。本館はブリテインからスカラブレイまでを旅します。2006年に執筆された本ですが、過去のイベントの跡なども紹介されていて、むしろ新鮮に読めるかもしれません。Millon様が寄贈してくださった出雲からの本たちの1冊です。

 

 

EM RainStormer編「UO 25th Anniversary Table Top Book」【新館3階114:公式イベントの本②】

ついに25周年を迎えたUltima Onlineに対する思いを、様々なシャードのEM(イベント・モデレーター)さんがつづった本です。伝承の書ですので挿絵が付いた豪華なもの。もちろん日本のEMさんたちのコメントもあります。いつもブリタニアを盛り上げてくださっているEMさんたちに感謝いたします。

 

 

 

Trinsic Historical Society作「The Fallen Paladin」【新館3階115:伝承の書】

デシートはじまったばかりのTreasures of the Archlichの報酬アイテムの伝承の書を、飛鳥べスパー首長Bunzo様がご寄贈くださいました。いつもありがとうございます。才気あふれるがゆえにデシートの闇の力に堕ちてしまった若きパラディンの物語です。

 

 

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥の図書館Library Cafeにいらしてくださいね。また桜の図書館NewMagincia Petrushka Library、出雲の図書館Magincia Library、大和の図書館bibliomania瑞穂の図書館Jhelom Tactics Libraryをよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。お気軽にラーと呼んでいただければうれしいです。

飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、作家活動も行っています。New Havenの街角で本の行商をしていることもあります。

本業は人間も動物も治療できる専業ヒーラー・・・だったのですが、最近は冒険に出かけずに街中でのんびりしていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です