【図書カフェだより】第三回飛鳥文学賞:応募作品紹介③

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、ウルティマオンラインのプレイヤー作家が書いた本(PC本)やNPC本の収集・公開を行っている図書館カフェです。Library Cafe本館)、Annex(分館)、Neo(新館)の3つの図書館に分けて収蔵されたたくさんの本たちをどなたでも読むことができます。

 

現在の収蔵している4024冊の本たちの詳細は収蔵図書リスト20220605をご覧ください。またSA本の収蔵状況についてはこちらをご覧ください。

 

Library Cafe本館にはルナゲート近くのFreeSpaceAsukaさんからハウス間テレポーターでお越しいただくのが便利です。また本館・別館・新館の各館はテレポーターで相互に結ばれており、簡単に行き来することができます。詳しくはLibrary Cafeへの行き方をご覧ください。

 

Twitterでも本のご寄贈など日々のLibrary Cafeの様子をご紹介しています。あわせてご覧くださいませ。

 


22作品のご応募がありました

第三回飛鳥文学賞の応募が締め切られました。今年は最終的に22作品のご応募がありました。ご応募ありがとうございます。第一回、第二回にもご応募くださった常連作家さん、初応募の新人作家さん、また最近ブリタニアに復帰されたベテラン作家さんなど、幅広い顔ぶれとなりました。

 

引き続き感想文を募集しています

感想文は引き続き募集しています。お寄せいただいた感想文は「読書賞」選考の参考にさせていただくほか、文学賞終了後に各作者にお渡しします。作者にとって一番励みになるのは、自分の作品の感想を聞かせてもらうこと。短くてもかまいませんのでどしどしお寄せください。

 

 

2022年5月30日のバッカニアーズ・デン・マンデーは、なんとLibrary Cafe新館1階から放送されました。Captain JordanさんとBAR-chinさんによって、第三回飛鳥文学賞を様々な角度から語っていただきました。次回(6月6日)の放送では「作品を朗読するかも」とおっしゃっていました。こちらも楽しみですね。

 

 

前々回前回に引き続き、今回は新たにご応募いただいた8作品をご紹介いたします。


応募作品No.15 TAIYOUJI作「DAEMON QUEST」

「アベル起きなさい! 今日は大切な日なんでしょう!」母の声で目覚めたアベル。15歳を迎えた彼は、成人の儀式とスキル授与式のためにお城に向かいます。けれど今朝見た夢が気になってどうも調子が狂います。ようやく臨んだスキル授与式。剣士志望だったはずのアベルでしたが・・・。

 

応募作品No.16 Niboshi作「-Sincerity-」

明るく気風のよい戦士Wgattと無口な魔法使いHugo。対照的な性格の2人は、ギルドマスターの提案でコンビを組むことになります。最初は戸惑いもありましたが、やがて少ない言葉でわかり合える息の合った相棒になっていきました。そんなある日、ギルドマスターから新たな提案が・・・。

 

応募作品No.17 Gren作「Setsu Getsu Ka 雪月花」

「眠れないの。お話をして、お婆様」「はいはい。分かりました」ある夜、少女にせがまれた老女が枕元に座って静かに語り出したのは、「雪」「月」「花」の名がついた3つの章からなる物語でした。それらのお話はどれもとある種族にまつわるお話です。そしてその種族とは・・・。

 

応募作品No.18 Chandra作「Ballot Box 投票箱」

アダルベルトとウィルバーが受けた依頼は、Mugenのバースレアアイテム「投票箱」の奪還に力を貸してほしいというものでした。でもどうやら訳ありの様子。2人は行動を開始しますが・・・。「木箱の中身」「鍵のかかった箱」に続く『箱三部作』の三作目。おなじみのキャラも登場します。

 

応募作品No.19 Foxbeater作「Wellen’s regret」

トレジャーハントに向かうウェレンの前に現れたのは、同じ黒熊亭の常連の盗賊フレイでした。目的地が同じとわかった2人が連れ立って歩き出すと、さっそく分け前の交渉をはじめるフレイ。様々な理由をつけては自分の取り分を増やしていくフレイに並行するウェレンでしたが・・・。

 

応募作品No.20 Super Cool J.作「Thieves Guild」

ブリテインの盗賊ギルドの掟は3つ。「仲間から盗まない」「密告をしない」「殺しはしない」。そんな盗賊ギルドに所属する「オレ」は、ひさしぶりの大仕事に臨みます。ターゲットは貴族の邸宅。同じギルドのグスタフ翁と弟分のアレンとともに首尾よく屋敷に忍び込みますが・・・。

 

応募作品No.21 Melody作「Through the Gates of… ペンと紙の門を超えて」

第三回飛鳥文学賞の〆切まであと1日だというのに、青年作家アルバートの筆は進みません。気分転換に他の応募作品を読みに行ったら、完成度の高さに打ちのめされてしまったのです。女性編集者ビアンカも不安そうに様子をうかがいます。そしてついに爆発したアルバートは・・・。

 

応募作品No.22 FALF作「Inu No Hana」

「ピカピカの6本足さん」としっぽがぶんぶんしちゃう「ボク」の会話です。彼らの「上の人」たちは、最近はなぜか別行動が多いご様子。片やドラゴンの巣でガラクタを集めたり、片やウサギのにおいがする変な卵を集めたり・・・。ペットたちから見たブリタニアの今がつづられます。

 

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥の図書館Library Cafeにいらしてくださいね。また桜の図書館NewMagincia Petrushka Library、出雲の図書館Magincia Library、大和の図書館bibliomania瑞穂の図書館Jhelom Tactics Libraryをよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。みなさんには「ラー」あるいは「司書」と呼んでいただいています。
飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、私自身も作家活動も行っています。
本業は「人間も動物も治療できる専業ヒーラー」だったのですが、最近は冒険に出かけることもほとんどなくなり、図書館にこもってばかりいます。
プロフィール画像はPicrewの「こんぺいとう**メーカー」で作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です