【図書カフェだより】簡単な!二段重ねの本棚の作り方

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、ウルティマオンラインのプレイヤー作家が書いた本(PC本)やNPC本の収集・公開を行っている図書館カフェです。Library Cafe本館)、Annex(別館)、Neo(新館)の3つの図書館に分けて収蔵されたたくさんの本たちをどなたでも読むことができます。

 

現在の収蔵している4189冊の本たちの詳細は収蔵図書リスト20230326をご覧ください。またSA本の収蔵状況についてはこちらをご覧ください。

 

Library Cafe本館にはルナゲート近くのFreeSpaceAsukaさんからハウス間テレポーターでお越しいただくのが便利です。また本館・別館・新館の各館はテレポーターで相互に結ばれており、簡単に行き来することができます。詳しくはLibrary Cafeへの行き方をご覧ください。

 

Twitterでも本のご寄贈など日々のLibrary Cafeの様子をご紹介しています。あわせてご覧くださいませ。


もっと簡単な方法が

前回、二段重ねの本棚の作り方をご紹介しましたが、その後太陽寺さんから「カスタマしなくでも出来る簡単な方法があります!」というご連絡をいただき、方法を教えていただきました。今回はそちらをご紹介しますね。たしかに、こちらの方法の方がずっと簡単です。さすが数々のアトラクションを手がけていらっしゃる太陽寺さんですね。

 

 

準備する物

  • 専門書の本棚(または木の本棚)×2架
  • バッグ(コンテナなら何でもOK)
  • デコレーター
  • 梯子(なくてもOKですが、あると便利です)

 

 

①バッグに専門書の本棚を2架入れる

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはバッグに本棚を2つ入れます。

 

②バッグを床に置き、斧で壊す

 

 

 

 

 

 

 

 

次に斧でバッグを壊します。バッグって壊せるんですね。初めて知りました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがバッグを斧で壊した後です。本棚は1つに見えますが、2つの本棚がぴったり重なっています。

 

③本棚をロックダウンする

 

 

 

 

 

 

 

 

見えている本棚をロックダウンします。この本棚が上の段になります。

 

④梯子にのぼり、デコレーターで本棚を上げる

 

 

 

 

 

 

 

 

梯子にのぼった状態でデコレーターを使い、本棚を8つ上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梯子を持っていない場合は、2階に上がってデコレーターを使ってもOKです。上の段の本棚を動かすには「2階の高さにいる状態でデコレーターを使う」のがポイントのようです。

 

⑤下の段の本棚をロックダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

下の段の本棚をロックダウンして完成です。ロックダウンし忘れると、本棚(と中の本たち)が消えてしまいますのでくれぐれもご注意くださいませ。

 


今回も1冊ご紹介いたします。

 

Unknown作「Prescription for two(ふたりの処方箋)」(24ページ)【別館235番:作者名U】

修行中の錬金術師の青年は、ジェロームの劇場に巡業に訪れた美しい踊り子に一目惚れしてしまいました。毎日劇場に通って彼女を見つめ続けた彼は、いつしか踊りの微妙な揺らぎから彼女の調子を見極められるようになりますが・・・。気楽に楽しめる、ちょっと変わった恋愛小説です。

 

 

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥の図書館Library Cafeにいらしてくださいね。また桜の図書館NewMagincia Petrushka Library、出雲の図書館Magincia Library、大和の図書館bibliomania瑞穂の図書館Jhelom Tactics Libraryをよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。みなさんには「ラー」あるいは「司書」と呼んでいただいています。
飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、私自身も作家活動も行っています。
本業は「人間も動物も治療できる専業ヒーラー」だったのですが、最近は冒険に出かけることもほとんどなくなり、図書館にこもってばかりいます。
プロフィール画像はPicrewの「こんぺいとう**メーカー」で作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です