本を寄贈してくださった皆さま

ごあいさつ

飛鳥の図書館カフェLibrary Cafeの司書をしておりますLatour(ラトゥール)です。梅雨入りしてしまいましたね。じめじめした日が続きますが皆さまはお元気でお過ごしですか?

今日はLibrary Cafeを支えてくださる寄贈者の皆さまについて。そして新しく寄贈していただいた6冊についてご紹介しますね。

 

Library Cafeは寄贈者の皆さまに支えていただいています

Library Cafeに収蔵している本の多くは寄贈者の方からいただいたり書写させていただいたものです。寄贈者第一号になってくださったjunjun様。Mini Hallの書庫から数多くの本を書写させてくださったVesper首長のOUT様。ご自宅にお招きいただき蔵書をたくさん書写させてくださったTurner様。ご自身も現役の作家さんでいらっしゃるSawako様。ポストの使い方についても教えていただいたMerry Chirstmas様。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

新たにWayne様が寄贈してくださいました

Library Cafeのポストを覗いてみると赤いバスケットが入れられていました。開けてみると6冊の本が。Wayne様が寄贈してくださったみたいです。

 

 

 

どれも珍しい100ページ本や200ページ本に書写してくださっています。さっそく司書のお仕事を開始。著者名、タイトル、そして内容をチェックして書誌目録に記入し、書架に収蔵していきます。

 

 

今回寄贈してくださったのはこんな本です

Unknown著『Shield and Robe(盾とローブ)』

ホグワーツのような雰囲気の学園が舞台。パラディン見習いの少年はネクロマンサーの美少年に魅入られていき・・・という耽美的なお話です。あとがきによるとEMイベントのための本なのだとか。なのでEMを著者として「作家名A〜F」の書架に収蔵しました。

 

 

Piremin the Scribe著『Moon Riders(月光騎士団)』

幻想的な騎士団が夜を駆け行く姿が流麗な文体で綴られています。Pireminさんは瑞穂で活躍された作家さんです。

 

 

 

 

Shibuki著『Treasure Hunt(トレジャーハント)』

トレジャーハントについての入門書。地図の入手の仕方からスキルや道具の解説まで丁寧にまとめられています。

 

 

 

 

Unknown著『Lord Casca’s Speech?(カスカ卿の演説【偽書?】)』

2009年にブリタニアを短期間統治したカスカ卿の演説録とされる著者不明の書物です。巻末にYuhなる人物がこの本を拾ったこと、カフカ卿が実際に行った演説と内容が異なることから偽書ではないか、という但し書きがあります。なのでYuhさんを著者とし「作家名T〜Z」の書架に収蔵しました。

 

 

Lord Blackthorn著『On the Diversity of Our Land(我らが大地の多様性について)』

KrytenさんによるNPC本の翻訳。ブリタニアの現国王ロード・ブラックソン陛下の価値の多様性を重んじる哲学が論じられています。秩序を良しとする前国王ロード・ブリティッシュ陛下との思想の違いが興味深いですね。

 

 

Nystul著『The Shattering(宝珠の粉砕)』

こちらもKrytenさんによる翻訳。私たちが暮らすシャード(破片世界)の元となった「不死の宝珠」をめぐる考察です。パブリッシュ40のイベントに関係した本だったようです。

 

 

Krytenさんの翻訳本が4冊になったので「NPC本の翻訳」の書架の中に「Kryten訳シリーズ」の分類を新たに設定しました。

 

Library Cafeはますます充実していきます

これでLibrary Cafeの蔵書は232冊になりました。それに合わせリストを更新しました。今回追加された本は赤字になっています(所蔵図書リスト190614)。

Wayne様、ご寄贈いただきありがとうございました。大切に収蔵し公開させていただきます。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。ぜひLibrary Cafeにお越しくださいね。232冊の本たちとお待ちしております。

 

 

 

—————————————————

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

Latour
飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、作家活動も行っています。New Havenの街角で本の行商をしていることもあります。

本業は人間も動物も治療できる専業ヒーラー・・・だったのですが、最近は冒険に出かけずに街中でのんびりしていることが多いです。