今年も読書の秋がやってきました

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、Ultima Onlineの作家さんが書いた本(PC本)を中心に収集・公開を行っている図書館カフェです。本館にはPC本を、すぐ南東にある別館Library Cafe AnnexにはNPC本を、計1486冊を収蔵してます。収蔵図書の詳細は所蔵図書リスト201004をご覧ください。

 

SA本の収蔵状況についてはこちらをご覧くださいませ。

 


「黒熊亭~読書の秋2020」のご案内

ギルド#RPGさん主催の文芸イベント、黒熊亭~読書の秋2020の募集が始まりました。昨年と同じく、「黒熊亭に来ているキャラクターを登場人物にしたオリジナル小説を執筆する」というもの。詳しくは#RPGさんのサイトをご覧ください。

 

昨年の「黒熊亭~読書の秋」は、ユニークな20もの作品が集まり、ギルドの枠を超えた文芸イベントとなりました。今回も入賞作品には賞金が出るのだとか。すでに応募作が集まっているそうなので、皆さんも挑戦してみてはいかがですか?

 

 

昨年の「黒熊亭~読書の秋」の応募作品は、下記をご覧くださいませ。

森の黒熊亭の物語たち①

森の黒熊亭の物語たち②

 


今回も、最近ご寄贈いただいた本たちをご紹介いたします。

 

Hina作「Red hair’s Blitzwell(赤ら髭のブリッツウェル)」

赤ら髭のブリッツウェル。人を殺めることを生業とする男。彼の今回のターゲットは、古狼のオムニバルと呼ばれる、年老いた剣客だった。すれ違いざまに浴びせた一刀は難なくかわされる。只者ではない。ふたりの剣客の死闘が始まった。

 

Hinaさんは様々なジャンルの物語を生み出す気鋭の作家さんです。今作は前作「Red Name Raid」と同じくダーティな世界が描かれます(前作の主人公も名前だけですが登場します)。Hinaさんご自身もソロ狩りの動画を公開されていることもあり、テンポの良い戦闘描写はさすがに手慣れたもの。ブリタニアン・ハードボイルドをご堪能あれ。

 

BAR-chin作「Document “A Letter”(ドキュメント【A Letter~1枚の手紙】)」

今年8月10日に、飛鳥オペラ座にて絶賛上演された、劇団アールポップによる演劇「A Letter~1枚の手紙」。本作はその舞台裏を描いた貴重なドキュメントです。関係者たちの半年にわたる苦闘の連続は、それ自体がひとつの物語と言えるでしょう。

 

「A Letter~1枚の手紙」は、脚本も演技も(会場も!)素晴らしいの一言に尽きる感動作です。Youtubeで動画がアップされていますので、未見の方はぜひご覧くださいませ。

 

 

 

TAIYOUJI RESORT2作「NATSU-MATSURI-2020(2020夏祭り)」

9月25日に開催された2020夏祭りのパンフレットです。おみくじや屋台などが立ち並ぶ風情あるお祭りでしたが、圧巻は何といっても盆踊り自動回転システムでしょう。今回も大陽寺さんの天才ぶりがいかんなく発揮されました。

 

今年の現実世界は、新型コロナウイルスの影響で多くのお祭りが中止となりました。そんななか開催されたこのお祭りは、大変な盛り上がりを見せたそうです。ブリタニアは私たちにとって第二の故郷、第二の日常なんですね。

 

私はお祭りに参加できなかったのですが、Apricot Jam様がパンフレットを寄贈してくださいました。またmint様からは当日配布されたおみくじをご寄贈いただきました。ありがとうございます。前述の演劇「A Letter」関連の書籍と合わせ、「20. PCイベント(飛鳥)」の書架に収蔵しました。

 

Etgyv作「Diaryシリーズ」

古参プレイヤーEtgyvさんによる、UO黎明期の記録です。NPCとPCの区別もつかず、ピッチャーに水をくむ方法すらわからず、悪戦苦闘するEtgyvさんの姿は、貴重な歴史であると同時に、20年以上たった今のブリタニアに確かにつながっています。

 

このシリーズは最初、Michael様がChapter27 Vol.1からChapter34 Vol.2までの16冊を寄贈してくださいましたが、その後Etgyv様ご本人がChapter35の書き下ろし2冊を寄贈してくださいました。お2人に心より御礼申し上げます。

 

 

 

Lord Cantabrigian作「Cantabrigian’s Letter(かの王の手紙)」ほか全6冊

9月に開催された公式イベント「失われた古文書」で回収された6冊のうちの1冊。フェローシップの教祖バトリンの打倒を呼びかける檄文です。ちなみに作者名のLord Cantabrigianは、ロード・ブリティッシュの偽名として他のNPC本にも登場します。

 

これら6冊は、飛鳥ミノック首長FALF様、飛鳥ユー首長HOLLY-BELL様、ギルドz@@の皆様によって奪還され、Library Cafeに寄贈していただきました。その経緯は評議会においてもHOLLY-BELL様からブラックソン陛下に報告されました。詳しくはこちらの動画をご覧くださいませ。なお、これらの本はLibrary Cafe Annexの「A04. 公式イベント」の書架に収蔵しました。

 

皆さま、ご寄贈ありがとうございました!

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥シャードの図書館、Library Cafeにいらしてくださいね。また桜シャードの図書館、NewMagincia Petrushka Library、出雲シャードの図書館、Magincia Libraryもよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。お気軽にラーと呼んでいただければうれしいです。

飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、作家活動も行っています。New Havenの街角で本の行商をしていることもあります。

本業は人間も動物も治療できる専業ヒーラー・・・だったのですが、最近は冒険に出かけずに街中でのんびりしていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です