第一回「飛鳥文学賞」作品募集のおしらせ

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、Ultima Onlineの作家さんが書いた本(PC本)を中心に収集・公開を行っている図書館カフェです。本館にはPC本を、すぐ南東にある別館にはNPC本を、合計1279冊の本を収蔵しております。収蔵している本の詳細は「収蔵図書リスト200511」をご覧ください。

 

Library CafeLibrary Cafe Annexへの行き方はこちらをご覧くださいませ。

 


「飛鳥文学賞」の募集が始まりました

ベスパー首長OUT様主催による第1回「飛鳥文学賞」の募集が始まりました。Library Cafeも全力でサポートさせていただきます。詳しくはOUT様のブログ飛鳥ベスパー雑記に掲載されていますが、こちらでも改めてご紹介いたします。

 

 

募集要項:

  • UOをテーマとした文芸作品(小説、詩、日記、絵本など)
  • 新作あるいは直近1か月程度に書かれたもの
  • ひとり何作品でも応募可能(飛鳥以外のシャードからの応募も大歓迎です)

 

作品形式:

  • 1作品につき1冊
  • 本の形式は問わない(20ページ、40ページ、100ページ、200ページいずれもOK)
  • 2Dクライアントでの執筆をお勧めします

 

Library Cafeのベンダーで100ページの本と200ページの本を販売しておりますのでご利用くださいませ。

 

 

 

応募先:

  • 飛鳥シャード・トランメル・ベスパー銀行西の橋を渡ってすぐのベスパーミニホールのポスト(メガストア様UO LOCATORが表示されます)

 

なおベスパーミニホールLibrary Cafeとこちらのテレポーターで結ばれています。お隣にあるFree Space Asuka様のテレポーターを乗り継げば、ルナからすぐに移動することが可能です。

 

 

応募〆切:

  • 2020年5月31日(日) 24:00

 

審査と賞:

  • 飛鳥ベスパー首長OUT様が「大賞」「佳作」などを選びます
  • 飛鳥の他の首長様方による「首長賞」も検討中だそうです
  • 読者の感想にもとづく「読者賞」も選出されます(感想はベスパーミニホールのポストに投函してください)
  • 各賞には正賞のトロフィー及び飛鳥GPの副賞が進呈されます
  • 審査結果は6月の上旬に発表される予定です

 

なおLibrary Cafeからも「Library Cafe賞」を進呈することを検討しております。

たくさんの皆様のご応募お待ちしております!

 


応募作品はAnnexに展示しています

応募作品はLibrary Cafe Annexの庭に展示しています。現在すでに3作品を展示しており、応募があり次第随時追加していきます。ぜひ読みにいらしてくださいね。なお「図書カフェだより」でも応募作品をご紹介していく予定です。

 

Library Cafe AnnexLibrary Cafe本館から南東方向に10歩ほどのところにありますが、「飛鳥文学賞」期間中は本館とAnnexをハウス間テレポーターで結んでいます。こちらのテレポーターからいらしてくださいね。

 

 


太陽寺さんがイラストを描いてくださいました

飛鳥文学賞」に先立ってOUT様が開催された「第三回ベスパー肖像画コンテスト」に太陽寺様が私のイラストで応募してくださいました。普段着でベスパー観光を楽しむ私の姿に、お恥ずかしいやらうれしいやら・・・。素敵なイラストをありがとうございます。

 

なお本作品はニューマジンシア賞を受賞されました。おめでとうございます!

 

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥シャードの図書館、Library Cafeにいらしてくださいね。また桜シャードの図書館、NewMagincia Petrushka Library、出雲シャードの図書館、Magincia Libraryもよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。お気軽にラーと呼んでいただければうれしいです。

飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、作家活動も行っています。New Havenの街角で本の行商をしていることもあります。

本業は人間も動物も治療できる専業ヒーラー・・・だったのですが、最近は冒険に出かけずに街中でのんびりしていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です