【図書カフェだより】収蔵冊数が4000冊を超えました

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、ウルティマオンラインのプレイヤー作家が書いた本(PC本)やNPC本の収集・公開を行っている図書館カフェです。Library Cafe本館)、Annex(分館)、Neo(新館)の3つの図書館に分けて収蔵されたたくさんの本たちをどなたでも読むことができます。

 

現在の収蔵している4002冊の本たちの詳細収蔵図書リスト20220417をご覧ください。またSA本の収蔵状況についてはこちらをご覧ください。

 

Library Cafe本館にはルナゲート近くのFreeSpaceAsukaさんからハウス間テレポーターでお越しいただくのが便利です。また本館・別館・新館の各館はテレポーターで相互に結ばれており、簡単に行き来することができます。詳しくはLibrary Cafeへの行き方をご覧ください。

 

Twitterでも本のご寄贈など日々のLibrary Cafeの様子をご紹介しています。あわせてご覧くださいませ。

 


蔵書が4000冊を超えました!

Library Cafeの収蔵冊数が4000冊を超えました。2018年11月に12架の本棚と数十冊の蔵書からはじまった小さな図書館カフェは、約3年半で3つの建物の120架の本棚に4000冊を収蔵するまでになりました。これもひとえに、寄贈者の皆さま、利用者の皆さまのおかげです。心より御礼申し上げます。

 

 

4000冊の蔵書の多くはご寄贈いただいた本たちです。寄贈者の皆さまを末永く顕彰させていただくため、本館には寄贈者の皆さまのお名前を刻んだ顕彰盾を掲げさせていただいております。またご寄贈いただいたことをTwitterや当ブログ図書カフェだよりで紹介させていただいております。

 

寄贈してくださった方で、お名前をTwitterなどで公表させていただかない方がよろしい場合は、大変手数ですが、ご寄贈の際にメモなどを添えてその旨をお伝えいただければ幸いです。

 

「読みたい本」に出合っていただくために

収蔵冊数が増えるにつれて問題になるのが「本の探しにくさ」です。どんなに多くの本があっても、読みたい本を見つけられなければ意味がありません。たくさんの皆さまからご寄贈いただいた本たちを、たくさんの皆さまに読んでいただくため、今後も様々な取り組みをしてまいります。

 

 

図書カフェだよりでは、更新のたびに最新の収蔵図書リストをアップしております。現時点でPDF形式27ページありますが、読みたい本のタイトルや作者名がわかっていれば、検索機能(Ctrlキー+F)で探すことが可能です。また新着図書は赤字で表示しています。

 

 

図書カフェだよりでは、新着図書をご紹介したり、作者やテーマなどをしぼった特集記事を組んで本たちをご紹介したりもしています。もしリクエストなどがあればお寄せいただければ幸いです(最近は更新のペースが落ちてしまい申し訳ございません・・・)。

 

 

Library Cafeでは、ユニークな本たちをご紹介する企画展を不定期で開催しています。昨年は装丁や挿絵が美しいPC本やNPC本をご紹介する企画展Heavenly Books~装丁の美・挿絵の美~を開催しました。今後もいろいろな企画展ができたらと考えています。こちらもリクエストをお待ちしています。

 

 

他にも、シャードを超えてたくさんの応募作品が集まる文学の祭典、飛鳥文学賞第1回第2回)の展示会場としてご利用いただいたり、ギルド#RPGさんの黒熊亭~読書の秋2019年2020年)やリレー小説イベント紡ぎ手たちの物語などの文芸イベントのお手伝いもさせていただいております。

 

 

本が書けて、読める。これは他の異世界にはあまりない、私たちの世界ブリタニアの、素晴らしい文化のひとつであると考えています。Library Cafeは寄贈者の皆さま、利用者の皆さま、そして他の図書館の皆さまとともに、これからも末永く本たちの収集・収蔵・公開に努めてまいります。

 

引き続きLibrary Cafeをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今回は4冊の本をご紹介いたします。


ChiraDo OooOormi作「Book OF Door」【新館1階:50 漫画/絵本】

普段私たちが何気なく使っている「ドア」をフューチャーしためずらしい本です。最初はドアに関するマクロの本? と思いきや、ドアスキルやドア魔法など、謎めいた内容になっていきます。極めつけは14ページからの小説。ドアーリア世界を救うための英雄ドア田の冒険が描かれます。

 

KENT作「a book(ジェロームニュース)11月号~3月号)」【新館1階:63 PCイベント大和】

大和トリンシック首長KENT様による、替え歌などが中心のユニークな本です。ジェローム首長Vald様が随所に登場します。この本を寄贈してくださったムーングロウ首長Majestic様をはじめ、大和の首長様方のご厚情により飛鳥に運ばれ、Library Cafeに収蔵させていただきました。

 

Kenneth the Royal Secretary作「Japanese guide」全6巻【新館3階:114 公式イベントの本②】

現在開催中のイースターイベントの、NPCのセリフなどを日本語訳です。4月10日に桜シャードで開催されたEMイベントブリタニア・アセニウム7 王室広報官ケネスの憂鬱で設置された本を書写した物を、Kobus Magnolia様が寄贈してくださいました。イベント終了まで本館の庭に展示いたします。

 

Sir Hewitt Cronshaw作「The Knight’s Code」【新館3階:115 伝承の書】

騎士が守るべき7つの掟について書かれた本です。「汝、八徳を尊守すべし」「汝、全ての者を敬い、うち最も弱い人々を守れ」「汝、敵を前にして怯むことなかれ」など気高い内容です。Great Lakesシャードで開催されたEMイベントで配布された伝承のページを、Mary様がご寄贈くださいました。

 

 

ご寄贈くださった皆様、ありがとうございました。

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥の図書館Library Cafeにいらしてくださいね。また桜の図書館NewMagincia Petrushka Library、出雲の図書館Magincia Library、大和の図書館bibliomania瑞穂の図書館Jhelom Tactics Libraryをよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。お気軽にラーと呼んでいただければうれしいです。

飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、作家活動も行っています。New Havenの街角で本の行商をしていることもあります。

本業は人間も動物も治療できる専業ヒーラー・・・だったのですが、最近は冒険に出かけずに街中でのんびりしていることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です