第二回飛鳥文学賞がはじまります

Library Cafeについて

飛鳥シャードにあるLibrary Cafeは、ウルティマオンラインのプレイヤー作家さんが書いた本(PC本)やNPC本の収集・公開を行っている図書館カフェです。Library Cafe本館、Annex(分館)、Neo(新館)の3つの図書館に分けて収蔵されたたくさんの本たちは、どなたでも読むことができます。

 

現在の収蔵している3365冊の本たちの詳細は収蔵図書リスト20210507をご覧ください。またSA本の収蔵状況についてはこちらをご覧ください。

Library Cafe本館にはルナゲート近くのFreeSpaceAsukaさんからテレポーターでお越しいただくのが便利です。詳しくはLibrary Cafeへの行き方をご覧くださいませ。

 


第二回飛鳥文学賞は5月8日開始です

OUTさんのブログ飛鳥ベスパー雑記で第二回飛鳥文学賞の詳細が発表されました。いよいよ5月8日(土)から作品の募集がはじまります。飛鳥の方も他シャードの方も、ベテラン作家さんもはじめて本を書く人も、どなたでも参加できますので、ふるってご応募くださいませ!

 

 

★ 募集要項:
UOをテーマとした文芸作品(小説、詩、日記、絵本等)であり、
2020年6月1日以降に書かれた作品。
ひとり何作品でも応募可能です
募集場所は飛鳥ですが、どこのシャードの作家さんでも大歓迎です

★ 作品形式:
一作品につき、一冊。(分冊されると選外になります)
ただし、本の形式は問いません(赤、青、100P本、200P本)。
2D(クラシック)クライアントでの執筆をお勧めします。

★ 募集期間:
2021年5月8日~5月31日 まで
(6月1日の朝、メールボックスの中を覗いた時点で受付を終了します)

★ 審査と賞:
各賞には正賞のトロフィー、及び飛鳥GPの副賞を贈呈します。
副賞の内容は下記のとおりです。
大賞:50m
佳作:30m
その他の賞(各首長賞・Library Cafe賞・読者賞):20m

 

作品はメールボックスに投函してください

応募作品はOUTさんのベスパーミニホールのメールボックス、およびLibrary Cafe本館入口のメールボックスで受け付けています。どちらに投函してもOKです。なお、ベスパーミニホールLibrary Cafe本館ハウス間テレポーターで結ばれています。

 

 

会場直通テレポーターを設置しました

応募作品はLibrary Cafe新館の屋上庭園に展示されます。Library Cafe本館入口に直通のテレポーターを設置しましたのでご利用くださいませ。ルナのムーンゲートからもベスパーミニホールからも、テレポーターを乗り継いですぐに展示会場に行くことができます。

 

感想文も受け付けています

応募作品の感想文も募集しています。展示会場の執事に「book」と言うと本がもらえますので、横のメールボックス、あるいはベスパーミニホールLibrary Cafe本館のメールボックスに投函してください。なお感想文は1作品につき1冊の本に書いていただけますようお願いいたします。

 

感想文は「読者賞」の選考の際に参考にさせていただきます。また第二回飛鳥文学賞終了後に各作者にお渡しする予定です。

たくさんのご応募を心よりお待ちしております!

第一回飛鳥文学賞については下記をご覧くださいませ。
第一回「飛鳥文学賞」作品募集のおしらせ
第一回飛鳥文学賞:応募作品紹介①
第一回飛鳥文学賞:応募作品紹介②
第一回飛鳥文学賞:応募作品紹介③
第一回飛鳥文学賞:大賞および各賞発表!

 


今回は1冊ご紹介しますね。

mire作「Cherry Blossom」

騎士の都と侍の都。対立するふたつの国の国境には1本の桜が植えられています。ある日、その両側に建つ家に老剣士と若い侍が引っ越してきます。敵同士の2人でしたがやがて言葉と心を通わせるようになっていきました。しかし二国の関係が悪化していき・・・。

 

童話のように優しい語り口はmireさんの真骨頂。でもだからこそ切なさも際立つように思います。なおmireさんは本作の続編を第二回飛鳥文学賞に応募される予定だとか。楽しみですね。

 


今回もお読みいただきありがとうありがとうございました。ぜひ飛鳥の図書館Library Cafeにいらしてくださいね。また桜の図書館NewMagincia Petrushka Library、出雲の図書館Magincia Library、大和の図書館bibliomaniaもよろしくお願いいたします。

 

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

Profile

Latour
Latour
Latour(ラトゥール)と申します。みなさんには「ラー」あるいは「司書」と呼んでいただいています。
飛鳥の図書館カフェ「Library Cafe」で司書をしているかたわら、私自身も作家活動も行っています。
本業は「人間も動物も治療できる専業ヒーラー」だったのですが、最近は冒険に出かけることもほとんどなくなり、図書館にこもってばかりいます。
プロフィール画像はPicrewの「こんぺいとう**メーカー」で作成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です